~Apple偏愛狂の記録~Colorlog

大好きなガジェット系を中心に情報更新するよ

スタバがウーバーイーツ対応ってどゆこと?

どうも皆さんおはようございます。まど(@Itchy53078411)です。

 

最近節約のために行くのを控えているスターバックス。これが数年前のApplePay導入以来の進化を遂げましたよ。ついにUberEats導入です。今日はこれについてご紹介。

 

何が可能になったのか

今回UberEatsとのコラボによって、今までスターバックスが行なっていなかった飲み物やスナックのデリバリーが可能になります。11/9から開始です。

 

最初は試験段階としてまず新宿と六本木の計3店のみでの展開で、頼める商品も限定されています。これから2年間の歳月をかけて規模を拡大していくとのことですが、僕は家の近くにスタバがあるので関係がないんですよね。ただ今まで店頭で買うイメージしかなかったスタバがついにデリバリーを始めるというのは控えめに言って顎が何回か落ちました。

 

よく聞くこととして、「スタバはコーヒーは実はそこまで美味しくない上に高い値段設定だからあまり好きじゃない、雰囲気がいいだけだ」と言う人がいますが、僕は全面否定派ですね。純粋な気持ちで飲むとスタバのコーヒーは本当に美味しいと思います。

 

でも今回のようなデリバリーサービスが仮に流行ったとしたら、客側は店の雰囲気が手に入らない上で購入しているわけなので純粋にコーヒーを好いている人たちが多かったということになりますよね。

 

 

今回UberEatsとのコラボによって店に行くより前に注文と決済を済ませることができます。なのでいざ店に着いたらいきなり注文しておいた飲み物を受け取ることができるというわけです。

 

さらに!来年下半期からLINE上で飲み物の支払いができてしまうんですよ!めちゃくちゃ楽ですよねえ。決済について言えば来年中に事前に決済を済ませることができるサービスも始まるとのことで、昼下がりの混み合う時間帯には5分以上待つこともざらにある列に並んでいる時代遅れの方々に渾身のドヤ顔を決めながら華麗に飲み物を手にすることができます。

 

最後に

いやあ、どんどんキャッシュレス化が進んでいますねえ。僕は基本的に現金を一銭も持ち歩きたくないのでこういった動きは全力で応援したいんですよね。日本のキャッシュラブな社会に直面してやっぱ事前決済やめますみたいなことにはなって欲しくない。でも、結果的にむしろユーザー側がスタバに合わせていく形になるんじゃないでしょうか。

 

個人的には、スタバだけじゃなくて小さな田舎の商店でも気軽にキャッシュレスで決済を取り入れられるような仕組みがあればいいのにと思っています。昔ながらのスーパーとか駄菓子屋さんでピッとスマホとかスマートウォッチで決済するのを想像するとなんか面白いと思うんですよね。

 

これからの動きが楽しみです。ワクワク!

2022年にマリオの映画が出るってマジ?

どうも皆さんおはようございます。まど(@Itchy53078411)です。

 

今朝Engadgetさんのとある記事で見つけてしまったんですが,なんとマリオの映画なるものが2022年に公開される予定です。マリオの映画って史上初じゃないか!っと思ったら,どうやら過去に1993年に第一弾として公開されていたそう。

 

ハリウッドが手がけた映画とは言え,今となってはB級映画としての烙印を押されているほどの酷評ぶり...主演のボブ・ホスキンスも「自身の生涯の中で最悪の作品だった」というほど。どんだけ悪かったんだw

 

4年後公開の今作は,前作の反省を制作段階に至るまで反映させて,改善に向けて取り組む姿勢を見せています。その一つが,マリオの生みの親でもある宮本茂氏の製作参加。んー実際どこまでの改善ができるんだろうか気になるところではありますねえ。

 

話は変わりますが,この映画の予告編がすでにYouTube上に公開されているんです。


スーパーマリオ 魔界帝国の女神(予告編)

 

いや,はっきり言って全く意味がわからん!前作を観ていないからなんでしょうかね。ただ予告編にマリオ本人がほとんど出てきていないのは意外以外の何物でもなかった。

 

僕は小学5年生のときにマリオ25週年の赤色のWiiを買ってもらって以来ずっとマリオファミリーのファンなので今回の映画化は楽しみであると同時に,不安!僕の中ではマリオというのは自分で操作する生き物ですからね。映画の中で自分以外の誰かの意思で動いているマリオを観続けるのはおそらく違和感があるんじゃないかな。

 

でも,そんなにイケメンなわけではないマリオがここまで面白いのはひとえにステージやボスのギミックやストーリー性を与えている制作側の並々ならぬ努力だろうと思うんですよね。それが宮本氏の制作参加によって伝われば嬉しいなあと思います。

 

japanese.engadget.com

ついにiPadを買ってしまいましたあああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

どうも皆さんこんにちは。まど(@Itchy53078411)です。

 

今日はちょっとしたご報告。つい先程,無印iPad 2018をオンラインアップルストアで注文しました!これで僕が持っているMac Book ProとiPhone7Plusに加えて3人目の相棒です。

 

買うかどうか本当に迷いまくったんですがやっぱりどうしても必要なものだということで購入を決意。まあ全力で使い倒していこうと思っています!

 

僕がiPadを購入する一番の理由になったのはSplit Viewです。これはiPadの大画面があるからこそ可能になっていること。

f:id:RedLight:20181108160741j:plain

(出典:Appleサポートページ。iPad の Safari で Split View を使う方法 - Apple サポート)

 

これこれ!画面を半分に分割して2個アプリを同時に動かせるんです。これを使えば2つのサイトを同時に見たりSafariで情報集めしながらメモ帳でブログが書けるんですよね。

 

でもこの機能が特に威力を発揮するのは中国語の勉強かなと思っています。今僕は中国語レッスンを受講しているんですが,紙の教科書で中国語のレッスンの予習をするとなると2時間も3時間もかかってしまうんですよね。問題なのは,それだけの時間をかけても実際は意味調べと発音の確認しかできないということ。

 

でもiPadがあればSplit Viewというデュアル画面状態を作り出せるので,そういった単純作業が短時間で済みます。教科書をPDF化したものと辞書アプリをSplit Viewで同時に表示させて,Apple PencilでPDFに書き込みをしていくつもりです。

 

そうすれば後はその作業で得た基本的な知識を体に叩きこむという大事な作業にたくさんの時間を割けます。そうすればだんだん言語が母国語に近い,無意識に体から出てくるものになっていきます。なんか意図せず出ちゃう屁みたいな。汚いわ。

 

 

まあ,とにかくハイテンションな感じで書いてしまったこの記事ですが,配送は明後日とのこと。Amazonとあまり変わらないですね。まあ辛抱強く待つことにします。夢に出てきそうw

 

もうiPadを買うしかないようだ....

f:id:RedLight:20181106074717j:plain

(出典:Apple公式ページ。9.7インチiPad - Apple(日本))

 

どうも皆さんおはようございます。まど(@Itchy53078411)です。

 

3日前の記事で書いたことなんでかぶっちゃうんですが僕は今iPadを買おうか迷っています。

 

このツイートをしたらリプでFFのイケメンさんが僕の財布の紐をガバガバにしようと言葉巧みに攻めてきてもうそのままポチりそうになりましたがその衝動をなんとか抑えることに成功。

 

ここで僕が今買おうとしているiPadのモデルとアクセサリ類を一挙紹介。

 

iPad 2018 9.7 128GB 52700円

www.apple.com

 

 

Apple Pencil 11660円

www.apple.com

 

 

Magic Keyboard 10584円

www.apple.com

 

 

iPad 2018 Poetic Case 2500円 

 

上3つの値段は全てヨドバシカメラの値段で,一番下のiPadケースはAmazonで購入る予定です。以前Apple製品はApple Storeで買うべきだみたいなことを言っていたんですが今日はみずからそれを破ります。

 

人に勧めておいてなんだという感じですが,今回は以前購入したApple Watchのヨドバシポイントが溜まっていたこともあってかなり迷ったのですがヨドバシで買うことを決意。今回の買い物で合計2238円の割引がある予定です。

 

まあApple Watchのように贅沢品ではなく必需品だと判断したため,Appleの無条件返品ができないことは承知の上で購入します。まずはiPadとApple Pencilを購入して,少し日を空けてから本当に必要だということを確認したうえでMagic Keyboardも購入する予定です。

 

賢い購入決定ができるように冷静な判断とメリット・デメリットを踏まえた上での購入を心がけます。以前のApple Watch購入で学んだ教訓がありますからね。9000円ほどの授業料を払って買い物で痛い経験をしていますからね。

 

実際に買ったら購入報告を大興奮状態でお伝えしていきますのでこうごきたいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

MacBookを使っているなら必ず買うべきものを紹介

どうも皆さんおはようございます。まど(@Itchy53078411)です。

 

今日は,過去に様々なMacBookアクセサリを試してきた僕が皆さんに超絶オススメできるアクセサリを一挙紹介していこうと思います。ただ紹介していくだけではなく,それぞれのアクセサリを選んでいくときに役立てていただけるちょっとした実体験も交えてお伝えしていきます。

 

目次

  

シェルケース

まさにスマホケースのようにパソコンにはめ込んで使うタイプのケース。 パソコンの大きさギリギリの大きさのバッグを使っている僕からするとかさばらないというのが大きなメリットです。

 

同時に本体が少しかさばるというのがデメリットとも感じます。僕はこれが嫌でこのケースを使い続けるのを止めました。Apple信者の僕からすると本体のアルミに触れられないというのは精神衛生上よくないことなのです。

 

 

Lentionの本革パソコンケース 

 これは以前も紹介していますので詳細はこちらをどうぞ。

 

こういったパソコンケースを幾つか渡り歩いてきて感じるのは,ケースは使い始めるまでが少し面倒くさいということです。

 

僕は間違いなく世界一面倒くさがりなので,「あ,せや。パソコン使おう」と思ってから実際にMacBookのふたを開くまでの間にケースの中からパソコンを取り出すという作業をしたくない!

 

僕みたいな人(僕くらい面倒くさがりな人おるんか?)にははっきり言っておすすめしたくないですね。でも同時にシェルケースもおすすめできないから結局は裸族に落ち着くことになります。

 

どうしても本体に傷がつくのが嫌なら,スリーブケースをオススメします。

有名所で言えばこれです。これは横からではなく縦側に取り出せるからリュックの中にケースごと入れてパソコンだけ取り出せるし,チャックを開ける必要もないからパソコンを取り出すまでの障害が一番少ないです。 

www.madotechnology.com

 

 

Logicoolの最高級マウス,MX Master 2S

はっきり言って,これさえ買ってしまえば間違いないです。ただ少し高めの値段設定。

 

専用のソフトを使えばMacで使えるジェスチャ機能はほぼ全て使い倒すことができますし,Logicoolの十八番Logicool Flowを使って複数のパソコンの間でファイルを超クイックにやり取りできます。さらに,このマウスの充電速度もエグくて,3分の充電で1日使えるという高速充電機能があります。普段遣いでは充電切れを心配することはありませんね。

 

他にも,高速スクロールという機能があります。普通のマウスだとホイールにカリカリという感じで抵抗がありますが,このマウスでは設定によってこの抵抗をなくして超高速でシャーッとスクロールできるようになっています。

 

実は以前このマウスを使わなくなったという趣旨の記事書いてるんですが,また使い始めてしまいました。トラックパッドで十分だみたいなことを言っていたんですがだんだんそれでは物足りなく感じてきて,たまたままた使ってみたところこれがまたドハマリ。つくづくこのマウスには中毒性があると感じてしまいます。 

www.madotechnology.com

www.madotechnology.com

 

 

AirPods

これは僕がこのブログで一番オススメしているガジェットだと思いますねw 本当にiPhoneを持っているなら持っていて後悔は100%ないガジェットです。もしデザインさえ格好悪いと思わないのであれば買いです。

 

今までさんざんAirPodsがiPhoneと使うとすごい便利だと説いておきながらこの記事で紹介しちゃいます。パッと耳にはめるだけで自分のMacと自動接続されるという手軽さ。有線イヤホンやヘッドホンより100倍ベターでしょう。

 

 唯一デメリットを上げるとすれば若干の音の遅延でしょうか。でも僕はすぐに慣れてしまいましたね。今ではまったく気になりません。まあそれだけ遅延はすくないということです。さらに内蔵されているW1チップはWiFiと干渉しやすいのでWiFi環境下ではときどき音の途切れなどが起きるかもしれません。でもこういった問題はBluetooth機器には付き物と考えて妥協するしかないというのが持論です。 

www.madotechnology.com

 

 

 USB-Cハブ

やっぱ新型MacBookシリーズを持っている人共通の悩みですよね。USB-C!!!!!!便利だけど鬱陶しい。

 

そんな中で,必要になるのがUSB-Cハブ。本当に色々な種類のものが出ていますが,あまりにも種類が多すぎて逆に何を買えば良いのかわからないという状況。そこで個人的なオススメはこの2つ。

まあ普段あまり外付けHDDをつなぐことがない場合はこれでいいです。念のためたくさんつなげるタイプを買っておいたほうがいいとか思わないほうが結局持ち物もシンプルになって後悔しないですよ。

 

普段からフラッシュメモリ,マウスのレシーバー,SDカードリーダーなどを使っている人はこういったタイプがおすすめです。正直言ってこれより高価なしっかりしたものもたくさんAmazonには売っているんですが,これでも結局満足できます。

 

でも,しっかりしたもの買っておきたいという人は以下の2つを買えば間違いありません。

 

この2つはMacBookユーザーの間ではかなり評判がいいですね。上のHooTooのハブは5499円,下のSatechiのハブが8999円とかなり高めの部類になりますが商品クオリティは高いようです。

 

 

キックフリップスタンド

 

最近買ったばかりのキックフリップスタンド。パソコン本体に傾斜をつけてタイピングをより快適にしてくれる製品。これだけ聞くとただの贅沢品に成り下がってしまいますが,長時間タイピングをする人であれば腱鞘炎や筋肉の痛みを軽減させることができるので本当に買いだと思います。

www.madotechnology.com

 

 

まとめ

これで以上としましょうか。この記事では僕のイチオシとして幾つか商品を紹介しましたが,はっきり言ってそれぞれが自分の環境に合わせて最適な商品を選ぶべきです。あくまで参考程度にしていただけたらと思います。

 

それが一番Macライフを楽しむための近道だと思うのです。

Ankerが新型iPad Proユーザー向けの商品を出してきたぞ!

どうもみなさんこんにちは。後5分で家を出るまど(@Itchy53078411)です。

 

今日は僕が最近大ファンとなっているAnkerが10/25に発表した新製品のご紹介とそれぞれに対する感想を。

 

PowerPort Atom

f:id:RedLight:20181102215227j:plain

(出典:Ankerコミュニティページ,Everything Announced at Anker OnBoard | PowerPort Atom PD and More! - Product Discussion - Community)

 

粗い画像しか拾って来れませんでした。公式からもっといい画像が出てきたら修正するかもです。

 

こちらAnkerのPowerPortの新商品。一番左はサイズがiPhoneに付属してくる電源アダプタと同じくらいのサイズながら27Wの電力で充電できます。端子はUSB Type-Cなので,iPadやiPhoneを超高速で充電できるだけでなく,MacBookもそれなりのスピードでは充電できます。もともと付いてくるのは30Wのアダプタですから,正直大きさ以外のメリットはほとんどなくなってしまうのですが。

 

しかし注目は右2つ。真ん中はUSB Type-C2つというシンプルさ。おそらくですが新型のiPad ProがUSB Type-Cに対応することに合わせてきたのではないかと思います。これ1つでMacBookとiPad Proを同時に充電できます。一番右のアダプタがあれば,iPad ProとMacBookに加えてiPhoneとモバイルバッテリーを充電できます。

 

充電スピードのことを考えるともしかしたら現実的ではないかもしれませんが,個人的にはベッドサイドにこれがひとつあると,寝てる間にフル充電にしてくれるくらいのパワーはあるはずです。

 

一つ思ったのは,こういうアダプタは出張が多いビジネスマンや旅行者やノマドの人が使ってこそ意味があると思うんです。そうするとアダプタが壁に密着するタイプもいいですが,壁からさらにケーブルが伸びてアダプタに繋がりタイプのほうが使いやすいと思いました。 

 こーゆーやつです。

 

 

Capsule Ⅱ

f:id:RedLight:20181102220442j:plain

(出典:Anker, Nebula Capsule II: World’s First Android TV™ Pocket Cinema by Nebula — Kickstarter)

 

パッと見Mac Proみたい。でもこれは移動型の小型プロジェクター。

 

公式によれば以下のことができます。

f:id:RedLight:20181102221252j:plain

(出典:Anker, Nebula Capsule II: World’s First Android TV™ Pocket Cinema by Nebula — Kickstarter)

 

フルHDで,AndroidTVを3時間連続で再生できるというのが売りのようですね。公式ページによれば他社製品と比べて二倍以上の明るさがあるとのこと。

f:id:RedLight:20181102221521j:plain

(出典:Anker,Nebula Capsule II: World’s First Android TV™ Pocket Cinema by Nebula — Kickstarter)

 

今のところキックスターターというクラウドファンディングサイトでサポートすることができます。72時間で80万ドルの調達に成功しています。これはAnkerのブランド力によるところも大きいと思います。個人的にはあまりプロジェクタ自体には純粋な興味はありませんが,正式価格599ドルで手に入るというのはなかなかコスパがいいのではないかと思います。

 

 

Model Zero+

f:id:RedLight:20181102222351j:plain

(出典:Anker,Soundcore | Model Zero+)

 

世界初ドルビーオーディオ対応のワイヤレススピーカーです。Ankerの無骨なイメージとは少し違う,洗練された曲線美が特徴的な筐体です。この輪っかは取っ手として使うようです。

 

このスピーカーで売りとされていることの一つがSCANSPEAKとAnkerのコラボ。45年の経験が元になったトランスデューサーを搭載しています。トランスデューサーはスピーカーの中では電気信号を物理量に変換する機械のこと。

 

あとは流行りのGoole Assistantを搭載している点やアプリで音を自分好みに変えられることから,かなりの音楽好きが自分の思い通りの曲を瞬時に聴けるように工夫していることが分かります。

 

まとめ

以上の3点が今回の発表会で紹介された商品です。Ankerも時代にいち早く乗っかってAppleユーザーにもAndroidユーザーにも対応してきている点が好きです。まあ日本のiPhoneユーザーが多すぎるっていうだけですけどね。Androidを使って「iPhoneよりいい!」って思う人もたくさんいるはずなのに。

 

まあ,とにかくAnkerは安くて質が高い。これに尽きます。Appleと一緒にこれからも新製品を負い続けていきます。

またiPadを買うか迷っています...

ああ...前々回の記事でも迷い倒していた僕なんですが,悩みは尽きず。最近またiPadがほしいと思うようになってきました。以前であれば買っちゃってたかもしれませんが,今は節制しているので財布の紐は以前より固め。

 

でも,もしiPadを買うことが自分への未来投資になるのなら妥協せずいいものを買いたいのです。この記事では,iPad購入が僕自身への自己投資になるのかどうか見極めたいと思います。完全自分のためのメモ書きみたいなものであると同時に,読者の方のiPad購入の際に参考にしていただけたらと思います。

 

僕が買おうとしているモデル 

買うならこれ一択です。色はシルバー,容量は128GB。

 

 

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

 

これに加えてApple PencilとPencilを収納可能なケースを買おうと思っています。

 

この構成はほぼ確定です。正直ブログ執筆も行いたいので将来的にこれに加えてMagic Keyboardも買い足すかもしれませんがとりあえず必要を感じるまで手を出すつもりはありません。

 

なんのために使うのか

電子書籍

僕が一番比率として多く使いそうなのは電子書籍です。必ず毎日使う昨日ですし,日によっては3-4時間使うことも。画面の大きさはどう考えてもアドバンテージですね。

 

後は,人前でプレゼンなどをするときに資料を見たいときにiPhoneだとどうしても表示領域が小さいので資料をスクロールする機会が多くなるんですよね。するとiPhoneを操作する機会が多くなるので自分がしている話に集中するのが難しくなってきます。iPadならこれを解決してくれるのではないかと。

 

動画

f:id:RedLight:20181102114317j:plain

(出典:Apple公式ページ,9.7インチiPad - Apple(日本))

 

僕は仕事柄,人と動画を見たり人に見せたりしなければいけないのでそういうときにiPhone7Plusだとどうしても音量的にも画面の大きさ的にもiPadの方が有利です。

 

ノートを取る

f:id:RedLight:20181102113924j:plain

(出典:Apple公式ページ,9.7インチiPad - Apple(日本))

 

仕事柄,話を聞きながらノートを取ったりすることも多いのですが,これには今までMacBookProを使ってきました。Evernoteを使うのですが,静かにしていなければいけない状況下でバチバチうるさいMacBookのキーボードを叩くのは気を使うんですね。

 

極めつけは,この間僕の隣りに座っていた人のキーボードの打鍵音。まじでイライラしすぎて話に集中するどころではなくなってしまったんです。他の人を不快にさせるほどうるさいこのキーボードを使い続けるのは心底嫌だと感じてしまします。

 

iPadのソフトウェアキーボードなら音はしないしキーサイズがPCと同じサイズなのでタイピングスピードはそこまで落ちないと思います。

 

 

以上の3点が僕がiPadに求めることです。他にもiPadでやりたいことはたくさんありますが,それは今の環境でも十分できることなのでiPadを買う理由には当たりません。こうやって見るとかなり僕はiPadを必要としていることが分かりました。

 

それではここでiPadを買うとどんなデメリットがあるのかも見ておきましょう。

 

中国語の勉強

f:id:RedLight:20181102113647j:plain

(出典:Apple公式ページ,9.7インチiPad - Apple(日本))

 

今僕は中国語を勉強しているのですが,授業の予習として教科書に書いてある文章などの意味調べや書き込みをいつも教科書に直接ペンでやっています。が,外で中国語を勉強するとなると教科書とペンを外に持っていく必要があるのと同時に意味調べをiPhoneでやりながら書き込まなければなりません。

 

iPadならスプリットビューを使えば辞書と教科書への書き込みを一画面で行えるので圧倒的に作業効率が上がります。Apple Pencilも使えるのって今までと同じ感覚で書き込めるのでそれもメリットだと思います。今は紙に書き込むのでだいたい一週間分の予習に2-3時間かかるのですが,これを短縮できればいいかなあと思っています。

 

デメリット

出費はある程度かさむ

僕は今回iPadだけでなくApplePencilも買うこともあって今までのiPad購入と比べると少し高めの出費になります。

合計価格は64885円。まあiPad Proを買うことと比べたら安いほうですが,高いもんは高い。

 

MacBookProを使う頻度が下がる

これはせっかく買ったMacBookProを使う頻度が下がってしまうのがもったいないということです。でもMacBookに執着しすぎて自分に本当に必要なものが霞んで見えたら意味がないとも思っています。

 

まとめ

メリットとデメリットを挙げてきましたが,やはり買ったほうが良いのかなあ...ありの方向で考えていますね。最近どんどんiPadの必要を感じています。今日この記事を書きながら,僕がiPadが僕にとって欲しいものではなく必要なものだと分かってきました。

 

いやあブログやってて良かった。