まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

最高のiPhoneケースを見つけた

タイトルにあるとおりだ。僕は最高のiPhoneケースを見つけた。何をもって最高と言うのか。あくまでレビューなので、メリットはもちろん、デメリットもこの記事ではしっかり紹介していこうと思う。ちなみに僕の使っている機種はiPhone7Plusだ。今回紹介するケースはiPhone7や8に対応しているものも発売されている。

メリット

薄い

このケースはAmazonでは耐衝撃ケース、また米軍MIL企画取得というアピールポイントのもと売られている。だから僕はこのケースを手にするまで、さぞかしぶ厚いケースなんだろうと思っていたんだが蓋を開けてみるとびっくり。めちゃくちゃ薄いじゃんこれ。大丈夫なんかねえ...

正直言ってこのケースで耐衝撃と言うには無理があるのではないかと思っている。極薄ケースとは言わないが明らかに他の耐衝撃ケースと比べると薄い。ケースの内部を見ると、衝撃を緩和するために特別な加工がされていることは分かる。が、これが果たして耐衝撃と名乗るにふさわしいものなのだろうか。疑問は残る。

f:id:RedLight:20180814202218j:plain

 

しかし、これはメリットとしてもとることができる。なぜなら薄さは持ちやすさに直結するから。

 

薄さはメリットとデメリットどちらに含めるかすごい迷ったんだが、薄さと耐衝撃性を両立させてるならそれはすごいことだし、メリットに入れてもいいんじゃないかという後付けの理由でこっちに入れた。うん。

薄さを強調する画像

 

端子類は完璧にフィット

 端子類はサードパーティー製のものも一つだけではあるが実証済み。しっかり差し込める。参考までに言うと、充電ポートの両端にある特殊ネジが半分見えるくらいのところまで空いている。L字型のポートでなければどんなものでも差さるはずだ。

 

ボタン類の押し心地は最高

これはさすがAmazonで不動の人気を誇るSpigenさまさまというところか。ボタンはTPUでフルにカバーされているが、出っ張りの部分の端っこを押しただけでもしっかり音量調節などができる。

f:id:RedLight:20180814202240j:plain

 

デメリット

めっちゃ滑る

アマゾンレビューでも散々言われてるけど、これは素材のせい。このケースはTPU製なんだが、どういうわけかすごいサラサラしているからとにかく滑りやすい。このケースを使い始めてからiPhoneが手から滑り落ちる、もしくは落としそうになる場面が増えた。このケースをつけるまでスマホを落とすことは4ヶ月に1度くらいだったのが、このケースに変えてから1ヶ月経った現時点で実際に1回だけ落としている。少なくとも、ヒヤリとする場面は確実に増えた。

 

しかしだ。僕は、このケースの他の使いやすさも考慮に入れて総合的に考えたときに、これをあまり問題だとは思っていない。実際に手で包み込むように持てばまず落とすことはないし、僕はPlusサイズのiPhoneを使っているからそもそも両手で持つことが多い。それに、滑りやすさはiPhoneを裸で持っている時と全く変わらないと、元裸族的にも思う。薄さ的にも、裸族になりたいけど勇気が出ないそこのあなたはこのケースで妥協するという手もある。

 

ガラスフィルムが出っ張ってしまう

このケースと一緒にガラスフィルムを使おうと思っているなら要注意だ。普通のペラペラフィルムなら問題ない。このケースはその薄さゆえにガラスフィルムがケースよりほんの少し出っ張ってしまうからだ。これだったら耐衝撃ケース買った意味ないなあと思ってしまうこともある。

 

しかしだ。これを問題とするかは一重に考え方の違いだと思っている。僕は、ガラスフィルムというのは本体についているガラスの身代わりだと思っている。SPが、警護対象に何かあった時に盾になるみたいな。それと同じで、フィルムなんて落とした時に最前線で衝撃を受け止める使い捨ての薄い板に過ぎないくらいの感覚。こんな僕からしたらガラスフィルムがほんの少し出っ張っていても気にならない。一応言っておくと、僕はiPhone本体の取り扱いには細心の注意を払っている。ガラスフィルムが割れてもノーダメージだけど本体傷ついたら発狂するので。なので携帯を落とさないように気をつけているが、今までの中でガラスフィルムを割ってしまった時はいつでも、「ガラスフィルム割れちゃった。でもおかげで本体ガラスは割れなかったし、本体に傷もつかなくて良かったあ」くらいにしか思わない。

 

しかし、僕とは違いガラスフィルムを本体の一部のように大事に扱っている人からしたら、ガラスフィルムがケースからはみ出ているのは受け入れにくいだろう。特にブルーライトカットやアンチグレア機能が付いている高価なフィルムを使っている人はそうだろうと思う。

 

ゴミが付きやすい

これはちょっと残念ポイント。これまであげてきたデメリットは、僕は気にしてないけど嫌な人もいるだろうくらいの感覚で書いてたんだけどこれは少し気になる。

f:id:RedLight:20180814202251j:plain

このケースの裏面にデコボコがあるのが見えるだろうか。ここにとにかくゴミがくっつきやすい。ポケットの中から小さな毛玉やホコリを引き連れて出てくる時は少し萎える。ただ前述の通りサラサラしているからゴミを落とすのはサッサッと終わってしまう。僕はゴミが付いたケースからホコリを落とすことによってスッキリする気持ちを自ら楽しんでみることにした。理解なんてしてくれなくたっていいさ。

 

最後に

正直僕はこのケース超絶オススメだ。デメリットを相殺して余るほどのメリットがあるので、ホコリが時折付いてしまうくらいのデメリットはあってないようなもの。ぜひ一度試してみてほしい。後悔はしないだろう。

 

ほなさいなら。