まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

Apple Watch 4を買うか迷っているという話

どうも、まどです。今日は9/10。アップルの発表会まで後2日と数時間。

 

ワクワクが止まりませんねえ。iPhoneApple WatchiPad Pro、Mac Book、AirPodsケース、Mac Mini(プロ仕様)。全部が明後日の発表会で発表されるかは分かりませんが、年内に発売される可能性が高いと言われてますね。

 

早速本題ですが僕が一番気になっているのはApple Watchです。この中でなぜApple Watchなのか。

 

色々理由はありますけど1つ挙げるなら単純に使ったことないから。まあ使ったことある人の方が少ないはずなんで珍しくはないでしょうね。

 

この記事では、果たして僕にとってApple Watch最高の相棒になり得るのかメリットとデメリットの観点から考えていこうと思います。

 

 

メリット 

通知を絞れる

これはどうなんだろうね。すでに持っている人のレビューでは間違いなく言われていることだからとりあえず書いたけど、僕は集中したいときはiPhoneの通知を本体横のボタンでシャットアウトしちゃうしなあ。

 

でも単純にリマインダーアプリとかカレンダーアプリの通知が手元にくるのはすごい嬉しいかも。僕忘れっぽくて、数時間前に決めた予定を立派にすっぽかす奴ですから。

 

買っても実際それに感謝することになるかどうかは分からないですがけどね。

 

運動の記録を取れる

これこれ。僕が一番気になっている機能。こいつがあればランニングの時にiPhoneを持って行かなくていいんですよ。

 

特に僕はPlusサイズのiPhoneを使ってるからポッケに入れるとズボンの中でスマホが暴れて走りに集中できない。

 

ランニングは動きのリズムが大事なのに、スマホ体重移動でそれが崩れてしまう。本当に嫌なんですよ。

 

そこで、とある方のブログを通してApple Watchがあればスマホなしでランニングできると聞いて驚いたわけです。そういやGPS搭載されたわ!みたいな。

 

この時点でかなりポイント高いですよ。

 

モバイルSuica

僕はバス通勤なんで改札というか入り口と出口にそれぞれ機械があるタイプですね。今はManacaをかざして運賃を払ってます。

 

Manacaはいわゆるカード型しか対応してないんで僕は自分の財布にManacaを入れて使ってるんですが、なにせめんどいったらありゃしないんですよ。

 

残高を確認する方法がないからそのときはわざわざコンビニに行って確認してもらうこともあるし、財布どこだっけ?ってなることもしばしば。

 

でもApple Watchがあれば残高は常に目の前でチェックできます。足りなければ登録してあるクレジットカードでチャージ。コンビニ支払いも何も取り出さずに済むんですよね。財布を探して慌てる心配もありません。

 

とにかく、何の準備もせずに改札の前へ行けばいいんですよ。僕の生活がより一層シンプルになりますよね。

 

AirPodsの音量調節ができる

これも嬉しい。AirPodsって手元で色々操作できるんですけどなぜか音量調節ができない。これはダメっしょ。僕はクラシック、EDM、アニソンなど幅広く聴くタイプなのでかなり音量操作って大事なんですよ。

 

クラシック音楽であれば結構音量を上げないと聞こえない音がたくさんある。EDMはその逆で結構音を下げないといけないことが多い。

 

そういう細かな音量調節をいちいちiPhoneでやるのが嫌なんです。ポッケから取り出して横についてるボタンを手探りで探して押す。

 

この作業がApple Watchがあればなくなるんです。これも重宝するでしょうね。

 

Macのロック解除が一瞬でできる

これは本当に驚いた。僕ついこないだまで知らなかったんですよこの機能。

 

スリープから復帰した時のロック解除をApple Watchが解除してある状態であれば近づいただけでしてくれるっていうね。言葉にできないくらい嬉しいです。まだ使ったことないけど。興奮します。アドレナリンの大放出(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

カレンダーの予定確認

 僕は色んなカレンダーアプリを試しに試しまくって結局Apple純正のカレンダーに戻ってきだけあって、純正カレンダーアプリが大好きなんです。シンプルだから。

 

カレンダーとかって正直今時は生活の一部になってるじゃないですか。僕はスマホのリマインダーやカレンダーは自分の秘書だと思ってるんです。

 

何があっても忘れない、人間関係を気にしなくていい、常に自分の側にいる秘書ですよ?使い倒さない手はないでしょう。

 

そしてそのカレンダーアプリの強みをさらに引き出せるのがApple Watchです。横についてるダイアルを回せば一日のスケジュールを画面をスクロールしているような感覚で見ることができる。

 

画面のサイズが小さいのは少し不安ですが、今日何があるかくらいは一瞬で確認できます。

 

軽い

これをメリットとして取り上げている人を見たことがないんですが、Apple Watchってめっちゃ軽いみたいですね。僕のつけているG-Shockは70gなんですが、Apple Watchはアルミケースの42mmモデルなら32.3gと半分以下。

 

ちなみに新型Apple Watchの38mmの画面は旧型の42mmの画面サイズより大きいみたいです。なんで新型は38mmを買おうかって思ってます。

 

僕はこれにケースをつけるつもりなのでもう少し重くなると思いますがそれでも今よりだいぶ軽くなると思います。一日中身に付けるものなので、微々たる差でも散り積もってストレスになる。

 

実際家から帰ってきて腕時計を外すと右腕の開放感がやばいなあっていうのをよく感じるんですよねやっぱ腕時計はなるべく軽いものがいいですよ。

 

デメリット

壊れやすいらしい

これはあくまで「らしい」というだけですが、Apple Watchは壊れやすいらしい。

 

僕の尊敬するゴリミーさんの記事を見て欲しいんですよ。

gori.me

 

これはスマホでも同じじゃないかって思ったんですけどよく考えてみると腕時計って気づかないうちに色んなところにガンガンぶつけてるんじゃないかと思うわけです。

 

机の角とか、Apple Watchなら改札の機械とかにかざす時。そういう普段から衝撃をもろに受けることになるだろうApple Watchだからこそ「耐久性」が心配なわけです。

 

少なくともApple Care+は必須ですね。Apple Watchの場合4800円+税で入れますし悪くないチョイスだと思います。

 

 

まとめ

こう考えるとやはりApple Watchってコスパいいですよね。とにかくほぼ全てのメリットに共通しているのは、Apple Watch時間の節約&管理に役立つことだと思うんですよ。

 

これならApple Watch 4が発売されたら値段が爆上がりさえしなければ買ってしまいそうですねえ。

 

Magic Keyboardも気になっていましたがそっちより優先順位は高そうです。ほんじゃこの辺で。

 

さいなら〜