まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

【レビュー】こんなLightningケーブルは買っちゃダメだ!

どうもまどです。

 

なんか詐欺タイトルみたいになっちゃってますけど今回一番伝えたいのは、正確には「こんな巻き取りLightningケーブルを買って僕は後悔した。でもこれは超絶オススメだぞ!」っていうことです。

 

結論から言いましょうか。僕のオススメはこれです。 

これ結構有名なんですよね。ガジェットレビュー系の瀬戸弘司さんも愛用してるみたいですし、ネットにもレビュー記事は腐る程あるんですよ。

 

ここで僕があえてレッドオーシャンに浸かりに来てる理由は単純にこのケーブルの便利さに感動したから。PVとかどうでもええから語らせろってな感じです。あくまでレビューですから褒めちぎって終わることもありません。しっかり短所もお伝えしますからね。

 

僕がこのケーブルを買った理由はデスク周りをスッキリさせたかったから。iPhoneとかiPadにもともと付いてくる白いケーブルもいいんすけど使い方によっては長いし、まとめるとしても束ねるのがめんどくさい。

 

そこで、巻き取りケーブルの存在を知ったわけです。使わないときはシュルシュルーとケーブルが短くなって上の写真にあるようにコンパクトにおさまる。見た目も白と青で夏の青空みたいで爽やか。白と緑も選べます。

 

ただ僕がこの商品を購入するに至るまでには少し遠回りをしました。最初に買った巻き取りLightningケーブルはこれ。

 これです。これが合わなかったんです。

 

買った当初は「お、ええやん」て思ったんですよ。巻き取り機能は申し分ないですし。

 

ただね、僕の求めているものを満たしていなかったんですね。このケーブルと最初に紹介したケーブルの違いはLightning端子とUSB端子を丸い部分に収納できること。

 

でもこれはつまり収納する分だけ巻き取る部分の体積が増えるということなんですよ。

 

僕が求めていたのは一言で言えば省スペースですから、持ち運びも、デスクの上でもスマートに使えないとダメなわけです。とはいうもののそんなすぐに買い換えるのも勿体無いなあと思ってずっと我慢してたんですね。ただカバンの中では端っこのポケットに入れるとボンッと膨らんでしまう。ポッケに入れるのも少しボッコリして気色悪い。

 

だんだんと、Cheeroのケーブルが欲しくなっちゃったんですね。結局買うことになるんですけど、購入を最後の最後で後押ししてくれたのはMx Master 2Sなんです。このマウスの充電をmicro usbっていうのでしなきゃいけないんですけど、CheeroのケーブルはAppleのLightningケーブルとmicro-usbを瞬時に切り替えできるんですよ。

f:id:RedLight:20180917102437j:plain

 

この先っぽの部分をキュポッと外してやればmicro usb、つけてやればLightningになるってな感じです。なんでアンドロイドとiOSの二刀流の人や僕みたいにmicro usbで充電するマウスやカメラ、モバイルバッテリーの充電する人なんかも一本のケーブルで済んじゃいます。

 

ただこんなケーブルにも短所があります。ガジェットはやっぱり長所と短所が必ずどれにでもあって,それが人によって違う。そこが面白くてやめられないんですよね。

 

その短所というのがさっきのLightning端子とmicro-usb切り替えのキャップを外すのがとにかく固い!コツがあるのかもしれませんが,全然外れなくてヌヌーッッ!!って外してます。まあ僕の場合はmicro-usbを使うことがほとんどないのでいいんですが。

 

ただ何回かつけはずしを繰り返してきて,少しづつ緩くなっているような気がします。なのでこれはもう少し様子見が必要なようです。

 

まとめ

 このケーブルはなんだかんだ言って100点です。本文では言ってませんが,ケーブルの巻き取りの感触がなんともなく快感ですし,ケーブルも丈夫と細かいところまで完成度が高いケーブルです。先ほどの短所も,自分が使っていくうちに使いやすくなっていくという成長過程があるのもなんかガジェットオタクとしてはむしろ好きですね。なんか革製品みたいじゃないですか?だんだん自分に馴染んでいくみたいな。

 

でもこの製品はガジェット好きもそうじゃなくてもモバイルバッテリーと一緒に使ったり省スペースの上ではマストアイテムになるので一つ買っとくといいと思いますよ。

 

ほなさいなら〜