まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

正しいApple Watchケースの選び方を紹介するぞ

どうも皆さん,こんにちは。まどです。

 

僕は先日Apple Watch Series 3を購入しました。Apple Watch Series 4の発売とともに安くなったので買い時だと思ったわけです。ずっと持っていたTIMEXの時計とG-SHOCKが壊れてしまったのでしっかり使える腕時計が欲しいと思っていたんですが,最近林檎信者になりつつある僕からするとApple Watchは僕の購入リストの中に当然ながら入っていたわけです。

 

Apple Watchのレビューはもうちょっと使いこなしてから書こうと思いますが,今日はApple Watchのケースのレビュー。それでは早速。

 

まず僕が使っているApple Watchがこちら。

f:id:RedLight:20180928090002j:plain

Apple Watch Series 3 42mm アルミケース GPSモデル。美しい。芸術品。シルバーのケースに艶のない上品なホワイトバンドが合間って,明るい色ながら落ち着いた雰囲気を纏っています。

 

僕は基本的にMac以外は使い終わったら売却か手放すことにする派なのでケースをつけて全力で筐体を守りたいんですけど,今回買ったのはこちら。

このケース,いいところもあるんだけど,それと等しいほどに短所も存在するんですよね。特にそれが顕著なのがこのケースをつけたままシャワーを浴びた後。これを見てください。

f:id:RedLight:20180928090133j:plain

f:id:RedLight:20180928090140j:plain

水が入り込んでしまっている!

よーく見るとこのケースの中に水が入り込んじゃってますよね。拭けばいいんですよ。拭けば。でもこれを拭くためにはバンドを外し,ケースを取り外して拭いて,そしてまたケースとバンドを付けるという工程を踏まなきゃいけないんです。毎日の事ですから,あまりやりたくないんですよねえ....

 

ですから,Apple Watchのケースを選ぶときは,こういうケースを選ぶなら付けたままシャワーを浴びるのは避けた方がいいです。いくら防水機能を備えたApple Watchでもずっとケースの中に水が入ったままではいい影響は決してないはずです。

 

そこで正しいケースの選び方。はっきり言ってケースを付けなくてもいいかなあと思っているならそれでいいです。実際,僕の尊敬するブロガーさんのまきしさんという方もApple Watchはケースなしの方がいい理由を分かりやすく紹介されています。ご本人の記事から引用させていただきます(快く了承してくださったまきしさん,ありがとうございます)。

どんなに丁寧に使っても傷は付きます。超硬質なセラミックを除きアルミやステンレスは日常使いでぶつけた時や擦った時に傷がつくのはしかたありません。特にアルミニウムモデルは柔らかいので、すぐ傷がつきます。

ringo-kirara.com

まさにこれです。ただ僕はこの美しいApple Watchを美しいままで保ちたいのです。ステンレスケースならまだしも,アルミケースなのでどこかで妥協が必要なのかも。

 

そんな僕が選ぶべきはこういうケースでしょうか。

衝撃吸収もしっかりしてくれますし,Spigenのスマホケースをいくつか使ってきた身として,このケースの密閉性には期待ができます。

 

最後に。僕の使っているケースでも,シャワーを浴びるときだけ外してもいいですし,汗をかいたくらいでは中に水が入り込むことはないので大丈夫です。そこはご安心を。コスパも素晴らしいですしはっきり言ってオススメです。ただ,水が入り込むと面倒くさいということです。

 

ぜひ参考にしてくださいね。それでは。