まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

1年で100万円貯めようとしている僕の節約日記<1>

どうも,まどです。

 

以前の記事で,僕が100万貯金したるわみたいな話をしましたけど僕はあの記事の執筆後に,いわゆる世紀の大発見をしちゃたわけです。

 

その記事では,僕が2019年5月までに100万円を貯めるためには,自分の好きなことに使えるお金が1500円ぐらいとか言ってましたけど,計算し直したらなんと4148円も使えるということが判明したんですよ。

 

あくまで,毎月4148円使っても5月時点で100万円ちょうどに達するという計算なので,毎月4148円使っちゃうと5月にお給料もらったあとすぐ口座残高が100万切っちゃうので実際にはそんなに使うことはないです。

 

ただ気持ちの余裕ができたので嬉しいっすわ。さらに今別のシリーズ物で断捨離を行なっているのでそこでメルカリで売却したものであわよくば数万円手に入るかもしれないのでそれで少し100万円に近づくと思います。

 

そこで僕の節約術を色々と紹介していこうと思います。この記事もシリーズものなので,後から色々加わっていく節約術もあると思います。

 

1:コンビニ買いをやめる

これはおそらく一番大きい効果があるんじゃないですかね。僕はManacaを使っているのでコンビニで簡単に買い物が出来てしまう環境にあるんですよね。

 

なのでついお菓子とかレジ前にあるファミチキとか焼き鳥とかを買っちゃうんですよね。なので家からなるべく食べ物は持っていくようにしようと思います。具体的にはお茶の入った水筒とおにぎりですね。これがあれば僕の腹は満たされるので。

 

2:交通系電子マネーにはお金を入れすぎない

これも何気に効果を発揮しますよ。僕は常にManacaの中にだいたい3000強しか入金しません。これは一週間の交通費に少し満たない程度。そうするとよっぽど必要なことでないとコンビニや自販機でManacaを使うことがないので無駄遣いを減らせるんです。

 

ここで1万円とか入れておくと「まだまだ使えるな」と油断しちゃうんで散財しちゃう。でもギリギリだと常に底(0円)が見えてるので「〇〇食いたいけどこれ買っちゃったら帰りの交通費なくなっちゃうからやめとこ...チャージするのもめんどいし。」となるわけです。僕は現金を1銭も持ち歩かないのでチャージするにはわざわざATMへ行ってお金を下ろさないといけないんで面倒くさいんですよね。

 

3:お金を降ろすときは支店にて

僕はまだ19ちゃいなので,銀行の規定によれば支店でお金を下ろせば手数料は一切かかリマせん。若いって最高。ただコンビニATMではきっちり手数料を取られるし,遅い時間帯であれば216円もかかってしまう。

 

幸い仕事場の近くに支店があるのでそこで下ろすことにしています。

 

4:安物は買わない

これは最近僕が断捨離をしていく中で学んだこと。僕は少し前から断捨離を進めていますが,その中で捨てているもののほとんどは安物。結局捨てるなら最初から持たない方がいいに決まってます。

 

安物でも,塵積もって大金になりますから。買うなら一度いいものを買って長く使う。これがいいに決まってます。

 

5:買い物するときは色やデザインがシンプルなものを買う

僕が思うに,長く使うことができるもの,つまり飽きないものは至ってシンプルなものが多い。それだけ生活の中に溶け込んでいるんです。個性は大事ですが,別に持っているものとかなんでもええわっていう派なのでこれでいいでしょう。

 

生活に溶け込むものを手に入れれば使い続けて数年経って,「そういやこれ何年も使ってるなあ...」となります。この時の感情は結構満足感がありますね。

 

とりあえず今僕が気をつけていること5つを書き出してみました。まあ節約術なんていくらでもあるでしょうけど僕が個人的に気をつけたいと思ったのはこれくらいですかね。それでは。