まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

僕がMX MASTER 2Sを手放そうと思っている理由

どうもみなさん,朝の6時です。まどです。

 

今日は僕が以前の記事でMX MASTER 2Sをべた褒めした記事から一気に意見を変えてMX MASTER 2Sをディスりにいってみようと思います。だってネット記事にはMX MASTER 2Sを褒めるものしかないから少しつまらないじゃないですか。ちょっとは否定的な意見が混ざったくらいが面白いですよね?

 

一応言っておくと僕の意見としてはMX MASTER 2Sは素晴らしいマウスです。以前の記事でも述べたとおり,Logicoolの出している純正ソフトと組み合わせて使うと本体についているボタンを超細かくフルカスタマイズできますし,手にフィットする感じも本当に最高です。

 

でもタイトル通り僕はこのマウスを手放すことにしたわけです。理由は単純,僕はトラックパッドの方が好きだと気付いたからです。僕はこのマウスを自分のMac Book Proの横に置いて使っています。

f:id:RedLight:20180930060444p:plain

こんな感じです。

 

もうちょっと具体的に説明すると,①トラックパッドで一瞬でできることがMX MASTER 2Sでは少し手間がかかってしまうということ,②持ち運びが非常にしにくいということ,③右手の移動距離が長いということ。

 

①については,ジェスチャーのことを言っています。これはトラックパッドの目玉機能です。例えば4本指で横にスワイプしたり,上にあげたりするとアプリを切り替えることができるようになります。5本指で指を広げた状態から狭めていくとアプリ一覧を見ることができます。これが,Macを7年以上使ってきた僕からするとこの操作を一瞬でできるんです。

 

これがMX MASTER 2Sでは,トラックパッドでできることができなかったりできたとしてもすごい手間がかかったりするんです。結局アップル純正がいいんだなあと思うことになるのでした。

 

②MX MASTER 2Sはすごいでかいです。このマウスはだいたい成人男性のこぶしぐらいの大きさがありますから。それに誤作動を防ぎたいし白色だから汚れを防ぐためにもケースに入れて運ばないといけないんですが,それも含めるとミニマリストになりたい僕からするとスマートではないわけです。

 

③僕の場合MX MASTER 2Sをmbpの右側に置いて使っていますからマウスとキーボードの間の手の行き来が大変なんです。トラックパッドならその移動距離がマウスの時と比べて相当短いですから負担も少ないんですよね。

 

以上僕がMX MASTER 2Sを手放そうとしている理由でした。今僕はミニマリストになるべく自分の部屋を断捨離中で,どんどんいらないものが次から次へと出てくるんです。その中で見つけた答えでもありました。

 

今もしこのマウスを買うかどうか考えている人は買う前にもう一度考えた方がいいかもしれないです。それでは。