まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

Apple Watchを本当に手放すか迷い過ぎて頭が爆発しています

 本当に爆発しそうでやばいです。

 

どうも皆さんこんにちはまど(@Itchy53078411)です。

 

僕にとってApple Watchって本当に必要なのか。そもそも必要なものとそうでないものの境界ってなんやねんとか,思考が螺旋階段みたいになってて脳圧が飽和状態になっています。脳圧って何ですか?

 

この記事で,僕はApple Watchを手放すかどうか最終判断を下すことはできるんだろうか。とりあえずキープした場合のメリットとデメリットを挙げていきましょう。

 

メリット

・ランニングウォッチとして最高。

その日のランの目標が距離ではなく時間の時は自分が今までどれだけ走ってきたのかをパッと確認できるのも最高。

Gshockもストップウォッチはありますが,夜ラン&早朝ランの視認性はゴミですはい。表示されている部分が時計の針で隠れてしまうこともあるのでさらに悪。

 

・天気が一瞬で確認できる。

朝,今から家出ようという時に手元で一瞬でその日の降水確率を確認して傘を持っていくか否かを判断します。

僕は前回の記事でこれはいらないんじゃないかという疑問を投げかけていますが,疑問を投げかけただけであってまだこれに対して心は決まっていません。

 

Macのパスワード解除が一瞬でできる。

事前に設定しておけば,MacBookProのフタを開くだけでスリープ解除ができます。

この機能は,Touch IDの付いていないMac Book Proを持っている僕からすると嬉しい機能です。でも必要ではありませんね。贅沢っちゃ贅沢です。

 

・カレンダーの予定を一瞬で確認できる。

 これも何気に便利なので一応メリットに入れました。ただ使う機会は僕の場合あまりないような気もします。本当に大事な用事はカレンダーに登録していますが,リマインダーやTodoistも併用しているのでそこまで予定は登録されていないんですね。

 

確かにリマインダーやTodoistはApple Watch対応しているんですが,同期の遅さやチェックのしやすさからするとiPhoneに軍配が上がります。

 

デメリット

・高い

高いなあ。ええ。僕にとっては少なくとも間違った買い物だったような気がしてきています。

 

・丁寧に扱わなきゃいけない

これは僕の性格上しょうがないのですが,超ガサツで注意散漫なんでよく腕時計をいろんなところにぶつけてしまいます。なのでApple Watchをケースに入れて,なおかつ壊してしまわないように細心の注意を払って扱わなきゃいけないんですよね。

 

・結局iPhone見てるやんけ

Apple Watchで受け取った通知って99%結果的にiPhoneでさばいてるんですよね。その理由は単純。僕がiPhoneで受け取る通知もApple Watchで受け取る通知も設定で厳選してあるから。厳選されているということは受け取る通知に対して何らかのアクションを取る必要があるということなんです。つまりそれをApple Watchで受け取ろうとiPhoneで受け取ろうと結局行き着く先はiPhone。ならApple Watchを間に挟む必要はないということです。

 

・手首を上げても反応しないことがある

これは時々見受けられる感想ですね。Apple Watchで時間を確認する時は手首を自分の方に向けてスリープ状態から解除させるのですが,それが時々反応しない時があります。これストレスなんです。

 

 アナログ腕時計ならこれはまずないですね。

 

それぞれ4つづつ挙げてみましたが,メリットを知った今でも僕は手放したい気持ちが強いですね。開封した時の喜びは今でも忘れられませんが,それを差し置いても僕には合わなかったという結論が一番しっくりきます。本当に今回はいい勉強になりました。

 

それでは!