まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

MacBookユーザーよ,これを買えばタイピングが100倍楽になるぞ?

どうもみなさん,おはようございます。まど(@Itchy53078411)です。

 

最近このブログで書く記事数を増やすため,一日に2-3本必ず投稿するという目標を持って書いているのですが,そうすると一日2000~4000文字くらいはタイピングをすることになるのです。するとタイピングをする際の手への疲れは激増します。

 

特に手がつったりとか痛みなどの実害が出ているわけではないんですが,手の筋肉が疲れちゃうんですね。これは毎日繰り返していたらいつか何かまずいことになるのではないかという一抹の不安があったのです。それを解消してくれるアイテムを今回はゲットできました。アマゾンで注文してから3週間は待ちました。

 

それがBluelounge(ブルーラウンジ)のKickflip(キックフリップ)。

 

f:id:RedLight:20181029215532j:plain

言っちゃえばMacBook本体に傾斜をつけるだけの板です。なんで手前側にMacBookが傾くと手が楽になるかはぶっちゃけ分からないけど。

 

取り付ける時は吸着面をパソコン本体の裏側に貼り付けるだけ。仮に粘着力がなくなってしまっても水洗いすればまた復活するみたいなのでかなり長い期間使えるはずです。

 

そして折り畳まれてる本体をパタッと展開してやればあとはそのまま使うだけ。見てると少し心配になりますが,ネットでどこを探しても壊れたという報告を聞かないことからしても耐久力はおそらく大丈夫だと思います。こればかりは使ってみないとわからないですが。ただ使っている中で不安定だと感じることは全く無いです。

 

でもこのKickflipスタンドはパソコン本体に傾斜をつけるだけではなく机とパソコン本体の間に隙間を作られるので放熱作用もありますし,気のせいかもしれませんがタイピング速度が若干上がったような気もします。おそらく手が疲れにくいということは手に負担がかからないということ。それは手がより自由に動けるということなんじゃないかと思うんです。それによってタイプミスが減ってDeleteキーの使用頻度が下がったのだと思います。

 

これだけ言ってもまだこのKickflipスタンドを買う価値がイマイチわからんという方は,一度使っているノートパソコンの下に実際になにかものを挟んで傾斜をつけてみてください。それでパソコンのキーボードに手をおいてみてください。一瞬で違いが分かります。

 

「え?なんでこんなに使いやすいん?やばくない?」っていう言葉が漏れ出るはずです。