まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

2018年10月のApple発表会で出た新製品を分かりやすく解説します!

f:id:RedLight:20181031100816j:plain

(出典: Apple公式。Apple(日本))

 

いやあ大放出でしたね。僕は今回出た製品の中で購入するものはありませんが,気になるかどうかで言えばそれはもちろん全部ですよ。ぜーんぶ気になりますw

仕事場の近くにApple Storeがありますから展示され始めたら必ず拝みに行きましょうね。

 

僕は寝落ちしてしまってAppleの発表会を見ることができなかったので,朝起きてから真っ先にオンラインApple Storeに行って新製品をチェックしました。

 

今回発表された新製品とそれぞれの大まかな特徴や変更点を書いていきます。Apple初心者でもわかりやすいように書いていきます。

 

 

Mac Book Air

待望のMacBookAirがついに発売です。

今までは古いタイプのUSB Type-AやThunderbolt2などの旧規格だった端子が最新のUSB Type-Cに統一されました。端子の数はMac Book Pro(タッチバーなし)と同じ2つです。

f:id:RedLight:20181031070557j:plain

(出典: アップル公式ページ。MacBook Air - Apple(日本))

 

Touch Barは非搭載ですが,Touch IDは搭載されています。どんなにTouch Barを批判している人でも十中八九Touch IDは絶賛していますからそういった人達からすればいいとこ取りな機能。

f:id:RedLight:20181031070725j:plain

f:id:RedLight:20181031070830j:plain

(出典: アップル公式ページ。MacBook Air - Apple(日本))

 

キーボードも新しい薄型のバタフライキーボードです。タイピング音がうるさい,印字が消えやすい,キーの反復入力など問題が何かと多かった第一世代バタフライキーボードですが,大幅な改良がされています。

 

前モデルと比べるとトラックパッドも20%大きくなっています。

f:id:RedLight:20181031070429j:plain

(出典: アップル公式ページ。MacBook Air - Apple(日本))

 

 

Mac Mini

こちらも根強いファンが多いMac Mini。iMacの太いベゼルが嫌い,もしくは価格が高すぎるという人にとってはかゆいところに手が届くものだったのかもしれません。

f:id:RedLight:20181031073653j:plain

(出典: アップル公式ページ。Mac mini - Apple(日本))

 

でも今回のMac Miniはかなりパワーアップしてのカムバックです。Intelの第8世代(最新)の6コアCPU,最大64GBのメモリ,Thunderbolt3(USB-C)が4つ,10GBの有線インターネット,最大2TBのSSDなど。完全にPro使用です。噂によればもうゴミ箱Mac Proはこの先登場せず,Mac Miniが置き換わる存在になるとも。

 

でも何より僕が今回驚いたのはMac Miniのコスパです。確かにキーボードとマウスは含まれていないけれど,6コアのCorei7と16GBのメモリ,256GBのSSDを積んでも税込み180144円。これにApple純正キーボードとマウスを追加購入しても20万弱です。デスクトップなので外付けのHDDという選択肢もあるのでSSDは256GBでいいとすると,死ぬほどコスパがいいなと感じます。4年後くらいだとは思いますが,次のMac構成はMac MiniとMac Book Proにしようかと本気で妄想しています。そうできるくらい稼げるようにならねば。

 

 

iPad Pro

どんどんベゼルレス化が進んでますね。iPadは手で持って使うときにベゼルがないと持つときに困るという声が少なくともありますからここをユーザーがどう捉えるかが個人的に少し気になります。

 

今回の一番の変更点は全画面化です。今回の変更点はこれに尽きます。ちょっと大げさかなw

f:id:RedLight:20181031071229j:plain

(出典: アップル公式ページ。iPad Pro - Apple(日本))

 

画面の大きさの選択肢も変更されました。今まであった10.5インチモデルが11インチに置き換わりました。本体が大きくなったのではなく,画面が縁に向かって広がったことで可能になった大型化です。ちなみに,まだ公式ページでは10.5インチモデルは購入可能です。

 

また,iPhoneXSなどの最新型iPhoneと同じ「ジェスチャー」で操作をするようになりました。例えばホーム画面に戻る時は画面下からシュッと上にスクロールするように操作するだけです。

 

iPhoneと同じということで,FaceIDにも対応するようになりました。

f:id:RedLight:20181031072539j:plain

(出典: アップル公式ページ。iPad Pro - Apple(日本))

 

さらには今までiOS機器では充電や有線のデータのやり取りはlightningケーブルでしたが新モデルからはUSB-Cに。Macに確実に近づいています。

 

 

Apple Pencil(第二世代)

f:id:RedLight:20181031072331j:plain

iPad Proと関連して有望株なのがApple Pencil。今まで多くの人が「これさえあればいいんだけどな」と言っていたものがほぼ全て盛り込まれている印象です。

 

iPad Pro側面にぱちっと磁石でくっつけられるようになりました。写真のようにくっつけると充電とペアリングが両方できます。今まではLightning端子にPencilをぶっ刺してロリポップキャンディーみたいにしないと充電もペアリングもできなかったのに。心配なのは磁力ですね。カバンの中に入れても落ちないくらいしっかりくっつくかというところが心配です。多分無理ですw

f:id:RedLight:20181031071229j:plain

 (出典: アップル公式ページ。iPad Pro - Apple(日本))

 

 さらに,pencilを使っているときに人差し指を置いている部分をダブルタップでブラシのサイズやモードを切り替えられます。今までは画面上のタップで変える必要があったので,目線を変えずにツール同士を行き来できるのは絵描きにとっては嬉しいところ。

 

 

Smart Keyboard Folio

f:id:RedLight:20181031072940j:plain

 (出典: アップル公式ページ。Smart Keyboard - Apple(日本))

 

新型のiPad Pro専用キーボードは Smart Keyboard Folioに名称が変わりました。

 

今までは表面だけを保護していたのですが,今回から裏面(Appleのリンゴマークが書いてある方)も保護するようになりました。

f:id:RedLight:20181031073407j:plain

 (出典: アップル公式ページ。Smart Keyboard - Apple(日本))

 

まとめ

おおざっぱな変更点は以上です。僕が今回一番ワクワクしたのはMac Miniですね。値段がお財布に優しい。個人的にはiPad Proもワクワクしたのですが,自分がiPad Proのユーザー層には当たらない人間なのでそこまでアドレナリンは出ない。廉価版iPadが一番しっくり来ますね。

 

自分の用途と財布と相談した後は自分の好みで決めたら良いと思います。良い判断を下せば素晴らしい自己投資にになると思いますよ。