まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

Ankerが新型iPad Proユーザー向けの商品を出してきたぞ!

どうもみなさんこんにちは。後5分で家を出るまど(@Itchy53078411)です。

 

今日は僕が最近大ファンとなっているAnkerが10/25に発表した新製品のご紹介とそれぞれに対する感想を。

 

PowerPort Atom

f:id:RedLight:20181102215227j:plain

(出典:Ankerコミュニティページ,Everything Announced at Anker OnBoard | PowerPort Atom PD and More! - Product Discussion - Community)

 

粗い画像しか拾って来れませんでした。公式からもっといい画像が出てきたら修正するかもです。

 

こちらAnkerのPowerPortの新商品。一番左はサイズがiPhoneに付属してくる電源アダプタと同じくらいのサイズながら27Wの電力で充電できます。端子はUSB Type-Cなので,iPadやiPhoneを超高速で充電できるだけでなく,MacBookもそれなりのスピードでは充電できます。もともと付いてくるのは30Wのアダプタですから,正直大きさ以外のメリットはほとんどなくなってしまうのですが。

 

しかし注目は右2つ。真ん中はUSB Type-C2つというシンプルさ。おそらくですが新型のiPad ProがUSB Type-Cに対応することに合わせてきたのではないかと思います。これ1つでMacBookとiPad Proを同時に充電できます。一番右のアダプタがあれば,iPad ProとMacBookに加えてiPhoneとモバイルバッテリーを充電できます。

 

充電スピードのことを考えるともしかしたら現実的ではないかもしれませんが,個人的にはベッドサイドにこれがひとつあると,寝てる間にフル充電にしてくれるくらいのパワーはあるはずです。

 

一つ思ったのは,こういうアダプタは出張が多いビジネスマンや旅行者やノマドの人が使ってこそ意味があると思うんです。そうするとアダプタが壁に密着するタイプもいいですが,壁からさらにケーブルが伸びてアダプタに繋がりタイプのほうが使いやすいと思いました。 

 こーゆーやつです。

 

 

Capsule Ⅱ

f:id:RedLight:20181102220442j:plain

(出典:Anker, Nebula Capsule II: World’s First Android TV™ Pocket Cinema by Nebula — Kickstarter)

 

パッと見Mac Proみたい。でもこれは移動型の小型プロジェクター。

 

公式によれば以下のことができます。

f:id:RedLight:20181102221252j:plain

(出典:Anker, Nebula Capsule II: World’s First Android TV™ Pocket Cinema by Nebula — Kickstarter)

 

フルHDで,AndroidTVを3時間連続で再生できるというのが売りのようですね。公式ページによれば他社製品と比べて二倍以上の明るさがあるとのこと。

f:id:RedLight:20181102221521j:plain

(出典:Anker,Nebula Capsule II: World’s First Android TV™ Pocket Cinema by Nebula — Kickstarter)

 

今のところキックスターターというクラウドファンディングサイトでサポートすることができます。72時間で80万ドルの調達に成功しています。これはAnkerのブランド力によるところも大きいと思います。個人的にはあまりプロジェクタ自体には純粋な興味はありませんが,正式価格599ドルで手に入るというのはなかなかコスパがいいのではないかと思います。

 

 

Model Zero+

f:id:RedLight:20181102222351j:plain

(出典:Anker,Soundcore | Model Zero+)

 

世界初ドルビーオーディオ対応のワイヤレススピーカーです。Ankerの無骨なイメージとは少し違う,洗練された曲線美が特徴的な筐体です。この輪っかは取っ手として使うようです。

 

このスピーカーで売りとされていることの一つがSCANSPEAKとAnkerのコラボ。45年の経験が元になったトランスデューサーを搭載しています。トランスデューサーはスピーカーの中では電気信号を物理量に変換する機械のこと。

 

あとは流行りのGoole Assistantを搭載している点やアプリで音を自分好みに変えられることから,かなりの音楽好きが自分の思い通りの曲を瞬時に聴けるように工夫していることが分かります。

 

まとめ

以上の3点が今回の発表会で紹介された商品です。Ankerも時代にいち早く乗っかってAppleユーザーにもAndroidユーザーにも対応してきている点が好きです。まあ日本のiPhoneユーザーが多すぎるっていうだけですけどね。Androidを使って「iPhoneよりいい!」って思う人もたくさんいるはずなのに。

 

まあ,とにかくAnkerは安くて質が高い。これに尽きます。Appleと一緒にこれからも新製品を負い続けていきます。