まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

Magic Keyboardを買ったらカバンの荷物が軽くなりました

最初の挨拶。

更新をだいぶんサボっていました。これについては別に謝る相手もいないので堂々としていたいと思います(謎

 

最近Swift Playgroundやブログ更新のためにiPadでタイピングをよくするのですが、どうしてもソフトウェアキーボードだと高速タイピングはできません。iPadを購入した時点でそれは薄々分かっていたのですが実際に使ってみると僕の予想をはるかに超えていました。悪い意味で。

 

何が問題かというと、僕が慣れ親しんだMacBookProのキーボードと配列が異なる点。比較するとその違いが文字キーの周りにあることがわかります。Lキーの右にすぐエンターキーがあると本当に打ち間違いが激増します。ちょっとググりたいだけの時は便利なんですが、講話を聞きながらノートを取るだとかプレゼンの準備の原稿を作成している時、ブログ(最近更新してなかったとか知らんし)更新の時など、打ち込む文字数が多い時は本当に作業の進みが悪いです。

 

僕が今回購入したのはApple純正のMagic Keyboardです。Magic Keyboardには数字キーがついた長いバージョンと短いバージョンがありますが、持ち運びをたくさんするので短い方にしました。サイズとしてはMacBookについてくるキーボードと全く同じです。配列はUS配列です。

 

このキーボードについての基本的な情報は他のブログにお任せします。ご自分でググってください。ここではこのキーボードに対しての自分の感想や使ってみないと分からない点をポイントに分けてご紹介します。

 

MacBookProのキーボードよりだいぶ打ちやすい

これは箱から取り出してキーボードを目にした瞬間感じました。明らかにキーの高さがMacBookProより高くより深くキーが沈むということ。それはすなわちキーを押した時の指の跳ね返りが大きくキー間の移動がしやすいということでもあります。打っていて気持ちいいとさえ感じますね。

 

iPadとの相性がいい

MagicKeyboardは本来Macと使うことを考えて作ってあるので、Macと使ったほうがいいのは言うまでもないんですよね。僕はiPadとMacの両方でこのキーボードを使っていますが、「MacにはあってiPadにはない」キーボードショートカットや機能がいくかあります。特に一番惜しいと思ったのはfnキーをおしながらdeleteキーで右側にある文字を消せる機能。これiPadで使えないのすごい困る!

 

でも範囲選択をシフトキーと矢印キーで範囲選択ができるのは本当にすごい強みです。iOSでタッチだけで範囲選択するの至難の技ですからね。コピーアンドペーストもブログを書きながら推敲するときにたくさん使うので超便利。

 

でも逆に「MacにはないけどiPadにはある」ショートカットもあります。アプリ別に色々ありますが、一番便利だと感じたのは「⌘キーとHキーでホームに戻る」と「⌘キーとtabキーでアプリ切り替え」ですかね。2つ目に関してはMacでも使えますが、わざわざホーム画面に戻らなくても直近で開いたアプリを8つまで表示できるのでそこからアプリを洗濯すれば一秒もあればそのアプリにひとっ飛びできます。

 

さらにはキーボードの上についているファンクションキーを使ってiPadの画面の明るさを変えたり音量を変えたり動画や音楽の一時停止もできます。普段ならいちいちコントロールセンターから操作しなければいけなかったので一手間省けました。この一手間省けるっていうのが侮れないんです。

 

大きさはちょうど良い

上述の通り、Magic Keyboardには長いバージョンと短いバージョンの2つあります。持ち運びが多いこともあって短い方を選んだわけですが、それ以外にも思わぬメリットがありました。

 

僕は以前長いバージョンのキーボードを使っていたことがありますが、Macで使っている時は左手が常にキーボードに乗っていて右手はマウスとキーボードの間を行き来しています。これが長いキーボードだと手の行き来する距離もが長くなってしまう。こういった移動が積もり重なって手の疲れや作業効率の低下につながってしまいます。

 

でも今回買ったMagic Keyboardだと手の移動が極限まで短くなっているのでストレスフリーでタイピング可能です。

 

 

まとめ

一言で非常に満足ですね。1年半以上ずっと迷っていた買い物だっただけにいい買い物ができました。調べていくうちにすごいニッチなキーボードとかに目がくれたこともあるんですが結局純正を買っておけば間違い無いだろうということでMagic Keyboardを購入するに至りました。でも使い始めて一日でこれが間違いではなかったということがわかりました。

 

キーストロークの深さとコンパクトさが一番のお気に入りポイントで、今もiPadでMagic Keyboardを使ってタイピングしています。やはり物理キーボードがソフトウェアキーボードに勝ることはないと感じます。