まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

僕がBose QC35を手放した理由

どうもみなさんこんにちは。まど(@Itchy53078411)です。

 

いきなり本題ですが,先日BoseのQC35ⅱというヘッドホンを購入しました。

 

主な特徴はノイズキャンセリング,Googleアシスタントへの対応,Bluetooth接続という盛り沢山なヘッドホンです。価格は3万9960円です。

f:id:RedLight:20190209201655j:plain

外装はしっかりしていて,テンポよく開封できます

f:id:RedLight:20190209201758j:plain

ハードケースもついてきます

f:id:RedLight:20190209201933j:plain

ハードケースとティッシュ箱を並べてみた


 

音質

音質はBoseらしい,低音重視の味付けたっぷりされた雰囲気。僕は毎日欠かさずAirPodsを使いまくっているヘビーユーザーですがAppleのEarPods(iPhone付属のイヤホン)やAirPodsの音が色々試してきた中で一番好きなので正直言うとあまり好みではありませんでした。

 

音質は個人の好みが一番はっきり出てくる部分です。かなり癖のある音ではあるので必ず店頭で視聴するべきです。

 

 

ノイズキャンセリング

BoseのQCヘッドホンシリーズの中では一番注目されている機能です。

 

とりあえず色々な環境で試してみました。加湿器のウーンという稼働音がする自室,仕事に行くバスの中,そしてたくさんの人で賑わうラウンジ。

 

自室で試した場合ですが,静寂そのものでした。

バスの中では社内に響くエンジン音や周りの車の走っていく音は余裕で聞こえてきます。

ラウンジでは上2つとは違い人の声がたくさんするのですが,ノイズキャンセリングの特性上人の声はほぼ筒抜け状態。これならカナル型のイヤホンのほうが遮音性ありそう。

 

 

Bluetooth接続

Bluetooth接続を試した中では特に何も問題を感じませんでした。安定していて接続を開始するときもサクッと機器と繋がります。

 

 

着け心地

個人的にヘッドホンを着けているとだんだん耳やあごが痛くなってくるのですがもしやQC35ならそんなこともないのではと思ったらだめでした。僕には合わなかった。耳も顎も痛くなってしまいました。

 

友人いわくヘッドホンの痛みは慣れの問題だと言われたことがあってしばらく訓練してたことがあるけどあれは嘘だと思ってますw

 

 

まとめ

基本的なレビューはここまでにするとして,本題に入りますね。タイトルどおり結局僕はこのヘッドホンを手放すわけですが,その理由は主に2つ。着け心地とノイズキャンセリングです。

 

着け心地については上述の通り耳と顎が痛くなってしまったからです。後は僕がつけているメガネがずれてしまうという思わぬデメリットも。

 

ノイズキャンセリングについて僕が思うのは,耳がすごい圧迫されるということ。ノイキャンセリングをOnにした瞬間に,高度の高いところに行った時のような違和感を感じるのです。鼻をつまんで鼻から息を吐いて耳がすっきりするをしたくなります。

 

ネットの口コミで少し見かけていたのですがあまりにひどいようならもっと多くの人が言っているはずだと思いあえて気にしないようにしていたのですが僕には合わなかったようです。

 

最後に一つだけ言っておくと,ノイズキャンセリング機能はどんな音でも打ち消してくれるとかどんな状況下でも音を遮断するというようなことを言っている人がいても信じてはいけません。全く音がなくなるとすればそれはもともと音がほとんどしていないときだけです。

 

ネットの情報はほどほどに信じておくのが一番です。