まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

iPadを買ったっていいことなんかないかもよという話

どうも皆さんこんにちは。まど(@Itchy53078411)です。

f:id:RedLight:20190102233045j:plain

 

時々やりたくなる釣りタイトルで幕を開けた本日の投稿ですがここからは平和にいこうと思います。

 

僕が最近思ったことをこの記事でシェアしたいのですが,それはタブレットを本当に必要としている人って実はそんなにいないんじゃないか?ということ。その理由をいくつか説明させてください。

 

 

画面の大きさってそんなに正義なのか?

iPhoneと同じOSを積んでいるのにわざわざiPadを買うのって画面の大きさを求めてのことも多いと思うんです。画面が大きければたくさん情報を表示できるでしょ?と。

 

なんなら実際に比較しちゃいましょう。

f:id:RedLight:20190209214235j:plain

f:id:RedLight:20190209214229j:plain

f:id:RedLight:20190209214240j:plain

上から順にiPhone(5.5インチ),iPad(9.7インチ),MacBookPro(13インチ)

 

Googleの検索結果を一番たくさん表示できているのはこの中ではiPadの9.7インチです。Macは縦画面を使うことはできないのでハンデがありますが,やはり表示領域という意味ではiPadは圧勝ですね。

 

ただですね,この表示領域なんですがこれ本当に必要なんでしょうかね?iPhoneでスクロールするのも面倒臭がってるの?とかMac開いちゃいなよ!って思っちゃうんです。

 

 

同期作業がストレス源になる!

なんで「連絡先」が更新されないのお!!??とかあの写真どっちで撮影したっけ?とかアプリの使い分けとか。とにかくiPhoneとiPadの線引きは常に僕の悩みの種です。

 

このストレスから逃れる一番手っ取り早い方法はiPadを淘汰すること。

 

 

手ぶら移動ができなくなる

iPhoneとiPadの間で使い分けをするとなると外出するときに手ぶら移動することができなくなってしまうことが多いのです。

 

最後に

この2つが,僕が最近iPadというなんとも中途半端な存在に抱き始めている疑問です。でも結局僕はiPadを手放さないことにしました。

 

理由はApple Pencilの存在。僕はほぼ毎日Apple Pencilで手書きメモを取ります。手書きで学んだことをまとめるのはぼくにとってかなり効果的な勉強方法です。Apple Pencilを使えるのはiPad上でのみですから,手放すという選択肢はないんです。

 

基本勉強は家でするのでiPadは9割型家でお留守番するというスタイルです。必要なときだけ持ち出すということです。

 

iPadはよく言えばちょうど良い,悪く言えば中途半端な端末です。iPadが合わない人が買うとホコリをかぶりますがピッタリな人が買えば傷だらけになるほど使い倒すことになります。

 

自分が本当にその画面の大きさを必要としているのか,もしノートPCを持っているのならそれで本当に満足していないのか,iPhoneとの使い分けはどうするのかしっかり考えてから買うと良いと思います。