まど

電子機器で遊ぶのが好きです。最新製品情報やApple製品の使い方を分かりやすく解説しています。

帰国子女が伝えるTOEIC満点への道のり

どうも皆さんおはようございます。まど(@Itchy53078411)です。

 

昨日,5/26に行われるTOEICに申し込みました。僕は以前にも一度受けているんですがパッとしない945点。なーんかキリ悪いなと思いつつ,あと45点で満点だということでリベンジしたいと思っていたのです。

 

今回は連載的な感じで,TOEIC満点への道のりという形でやっていこうと思います。まだ実際にとってもいないのにたいそうなタイトルですがまあいいや。

 

今回は,個人的にすごいお気に入りな東進のTOEIC教材だけ紹介しておわります。

<これこれ

 

この教材はひたすら実際の問題に合わせた形式でリスニング&リーディング問題がズラーっとあるわけですね。めっちゃシンプルなのがいい。これに加えて単語帳を使って単語覚えちゃえばいいんじゃないでしょうか。

 

TOEIC知り尽くした人が「〇〇メソッド」などという形で銘打って出している本などもあるかもしれませんが,僕はそういうのはあまりおすすめではないかな。偏見混じりかもしれないけれど。

 

というのも,「基本のき」ですが勉強スタイルなど人それぞれですし,TOEICは問題形式が決まりきっているからあまり特別なことをする必要はないと思うのです。

 

この教材のいいところですが,それぞれの問題には目安になる時間が書いてあるんですね。TOEICはスピード命みたいなところがありますが,満点を目指すということは捨て問というものは存在しないから余計重要になってくるのでこういうのが嬉しい。まあどの教材にもあるか。

 

上で紹介しているのは990点目指す人用の本ですが,目標にしている点数に合わせて5種類ぐらいのなかから選べます。

 

さいなら。